芸能界・裏方だから知っている裏健康法

芸能人の本当のダイエット法・アンチエイジング!! タレント、モデルには秘密の健康法、ダイエット法があった!

CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com

人気ブログランキングへ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
-------- │ スポンサー広告
2010-12-15

ウォーキングの意外な効果・・・メルマガ76号

ウォーキングについてお伝えしていますが
  ダイエットや健康全般に効果にある事はお伝えしましたが、

  女子力アップ要素も高いのが、嬉しいポイントでもあります。


 ●シェイプアップ

 ウォーキングでは、脂肪燃焼力と引き締め力の強い「遅筋」を鍛えるので、
 内蔵脂肪などの余分な脂肪をエネルギーにかえて消滅させるの同時に、
 身体が引き締まるシェイプアップ効果もあります。


 メタボの原因でもある、内蔵脂肪を含むウエストまわりの無駄な脂肪が消費され

 ウエストの気になるでっぱりやたるみを解消します。


 またウエストの筋肉が鍛えられることで、ぜい肉が押さえ込まれ、
 ウエストラインも整えられます。


 当然ながら、歩くことで太もも、ふくらはぎ・足首が鍛えられ、
 美脚効果も期待できます。


 きちんと腕振りをすることによって、二の腕や上半身も鍛えられます。


 最近ではシェイプアップスパッツのように、ウォーキング時にはくことで、
 運動量を増やし、ダイエットとシェイプアップ効果を高めるものもあります。

 ただこれは、矯正下着などとは違います、
 矯正下着は贅肉を無理やり押し込めようとするやり方で
 しかも筋肉をサポートするタイプだと筋肉量まで減らす恐れがあります。

 反ってリバウンドしやすい体を作る元ですので絶対に使わないように

 シェイプアップスパッツは、身体を締めつけてスリムに見せるのではなく、
 ウォーキングの効果を高めるサポートアイテムです。
 根本的に違います。

 他にも、ヒップアップのためのパンツタイプやガードルタイプなどもあります。


 ウォーキングだけでなく、部分的なエクササイズを組み合わせることで、
 より効果的なシェイプアップが可能です。


 ウエストやヒップ、二の腕、足首など、
 それぞれに効果的な部分やせエクササイズがあります。


 準備運動の代わりに取り入れてみてはいかがでしょうか?


 ●美肌効果


 ウォーキングすることで、血行が促進され、代謝力が高まるので、
 美肌効果もあります。


 しわ、くすみやたるみ、しみ、また大人ニキビといった、
 女性の肌の悩みの多くは、
 年齢とともに落ちていく代謝力の影響が大きいのです。


 特に、肌を活性化させる「ターンオーバー」という再生サイクルは、
 年齢とともにうまく機能しなくなっていきます。


 ウォーキングによる血行促進は、
 肌のすみずみまで栄養分を行き渡らせることができ、
 代謝力を高め、肌の悩みの解消に有効にはたらきます。


 汗が毛穴にたまった老廃物を排出し、毛穴やキメも整えてくれます。


 ただし、UVケアだけは怠らないように!


 紫外線による肌ダメージは、老化の原因の1つともいわれています。

 うっかり、直射日光を浴びて、日焼けしてしまうと、
 せっかくのウォーキングの美肌効果もだいなしになってしまいます。


 ●美しい姿勢/歩き方


 次の「正しい歩き方」でも触れますが、
 姿勢が悪かったり、歩き方が間違っているとウォーキングもかえって身体に
 ダメージを与えます。


 間違ったウォーキングだと、
 すぐに疲れがたまって、長く続けることもできません。


 ダイエット効果のあるウォーキングをめざすことは、
 自然と姿勢を正すことにもなるのです。


 ウォーキングフォームが整えられることで、普段の歩き方も美しくなります。
 姿勢がよく、さっそうと歩く女性は、ウォーキング美人ですよね。

 私が女優さんにウォーキングを薦めるのはそう言う所にも理由があります

 きれいな女優さんがみっともない歩き方をしているのを見たくありませんからね

 美しい歩き方は街でも目に付きますし、同性にも賞賛されます。


 最近では「美しく歩くこと」を主眼においた、
 プロのウォーキングインストラクターによる、
 本格的なウォーキング・レッスンも活発になってきています。


 自分流のウォーキングにあまり自信がない方や、歩き方にクセがある方は、
 そうしたプロの力を借りてみるのも一考ですが、


 そう言ったレポートをお望みであれば
 又纏めてみようと思いますので以下のフォームよりご連絡下さい。



 何か質問などがございましたら、質問メールも受け付けてます。
 (少しずつ読者が増えてきました(ただ今200人)が
        まだ十分個別に対応可能?です)
  こちらまで⇒http://form1.fc2.com/form/?id=538339
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010-12-14

ウォーキングのススメ・・・・メルマガ75号

前号でウォーキングはダイエットだけでなく
  美肌にも効果があるとお伝えしましたが、
  それだけではなく

  ・メタボ対策
  ・血行促進
  ・心肺機能の強化
  ・骨の強化
  ・ストレス解消効果
  ・脳の活性化

  など、健康全体への効果もあるスポーツです。


  ●メタボ対策

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、
「内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち
いずれか2つ以上をあわせもった状態」(厚生労働省)のことです。


心筋梗塞や動脈硬化を引き起こしやすい危険な状態なのです。


厚生労働省は、40歳から74歳までの健康保険加入者を対象に、
「特定健診の実施」を義務化し、メタボリックシンドローム該当者と
その予備軍に対し「特定保健指導」を行うことを義務づけるなど、
徹底したメタボ対策に力をいれています。


指導では、「生活習慣の改善」の柱の1つとして「運動習慣の徹底」が
あげられていて、内臓脂肪を燃焼させる効果の高いウォーキングは、
まさにメタボ対策向きのスポーツといえます。


●血行促進

足には、全身の筋肉の3分の2が集まっていて、「第2の心臓」と
呼ばれています。


ウォーキングによって、足のポンプ効果で、全身の血行を促進します。


それによって、首、肩、腰などのコリを解消、疲労回復にもつながります。
血行促進は冷えやむくみ解消にも効果があります。


血の流れがよくなることで、血液中の余分な脂肪や糖分が洗い流され、
血液をサラサラにする効果もあります。


消化器系へのプラス効果もあります。


●心肺機能の強化

上記の血行促進と関係して、心肺機能が強化され、
疲れにくい体をつくることができます。


●骨の強化

ウォーキングによる刺激が、骨をつくる細胞を活性化させるので、
骨の健康維持に有効です。


また、骨を守る筋肉が強化され、骨折などを防ぎます。


もう1つ、ウォーキング中に日光に当たることで体内で作られるビタミンDは、
カルシウムの吸収を助ける役目があり、骨の強化に役に立ちます。


●ストレス解消効果

ウォーキングを続けていると、快楽ホルモンと呼ばれる
β(ベータ)エンドルフィンやドーパミン、セロトニンが分泌され、
ストレスホルモンを抑えて、身体をリラックスさせ、爽快感を高めます。


また、ウォーキングで外の景色に触れることで、気分転換になります。


公園などでは「森林浴効果」で、リラックス&リフレッシュ効果が
期待できます。


●脳の活性化

上記の脳内のホルモン物質にも関係しますが、
ウォーキングの有酸素運動の効果で、
脳に酸素がいきわたり、脳の動きを活発します。


よく歩いているといいアイデアが浮かぶ、と言いますが、
きちんと根拠があるのですね。


逆に、頭が酸欠状態では、集中力も低下しがち。


デスクワークメインの方は、休憩時間に少しだけウォーキングタイムを作ると、
その後の仕事がはかどるかもしれません。


年齢とともに、血行不良が増加し、脳への酸素不足が増えていくと、
脳細胞が退化し脳の機能が低下します。


高齢者のウォーキングは、認知症予防にも効果があることが
わかってきています。


また、脳への刺激で活動が活発化することで、
脳年齢を若く保つこともできます。


本当にいいことづくめのウォーキング、
やらないのはもったいないですね。 人気ブログランキングへ

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

各種健康情報
ページ内検索
芸能界・お薦め健康法

末期癌から帰還した食事療法 ガンに打ち克つ食事療法

芸能人も目は大事

アロマオイル専門店
アロママッサージ用アロマオイル

半身浴・足マッサージに
カテゴリ
ランキング
ランキング
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

curo

Author:curo
初めまして
私は神奈川在住、
ドラマ、映画の演出部をやっています。
プロフィール詳細

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。