芸能界・裏方だから知っている裏健康法

芸能人の本当のダイエット法・アンチエイジング!! タレント、モデルには秘密の健康法、ダイエット法があった!

CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com

芸能界・裏方だから知っている裏健康法>> スポンサー広告>> 生活習慣病記事    >> 国民健康・栄養調査結果の概要・・・メルマガ124号
人気ブログランキングへ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
-------- │ スポンサー広告
2011-04-12

国民健康・栄養調査結果の概要・・・メルマガ124号

 平成18年に発表された厚生労働省の

  「国民健康・栄養調査結果の概要」

 によると、
 糖尿病が強く疑われる人は約820万人、
 糖尿病の可能性が否定できない人は約1,050万人、
 糖尿病もしくはその予備群と推定された人の合計は
 
 なんと最終的には2,200万人との数が発表されています。


 これはその4年前の調査時の約1,620万に比べ
 実に35%も増加していることになります。


 ではこれほどの数の糖尿病ですが、
 いったいどんな病気なのでしょうか?


 糖尿病とは
 血糖値を下げるインシュリンというホルモンの作用が低下したために、
 体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、
 血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態のことをいいます。


 すい臓からのインシュリンの分泌不足、
 つまりインシュリンが足りない状態になった時と、
 肥満などによるインシュリンの作用の効果が出にくい、
 つまりインシュリンが有っても血糖値が下がらない時と、
 その両者が組み合わさった時もあります。


 初めのうちは痛みなどの自覚症状が無いのが糖尿病の特徴です。


 健康診断や病院での検査で

 「血糖値が高い」
 「治療が必要」

 と言われても、
 自覚症状が無い為に治療を受けない人が多く、
 実際に治療を受けている人は50%程度しかいないのが現状のようです。


 そして、糖尿病によって亡くなった人の数
 (合併症による死亡者数は含まれない)
 は、2006年のデータですが1年間で約1万9600人もいました。


 糖尿病3大合併症には注意が必要です。


 因みに先ほど含まないと言う事で出てきた合併症ですが、
 合併症とは、
 その病気が元になって起こる別の病気や症状のことで、
 糖尿病になってしまっているにも関わらず
 血糖コントロールや治療をしないままでいると、
 糖尿病を発症してから10~15年で
 
 「3大合併症」

 を発症してしまう可能性があります。


 糖尿病の場合次のような
 「慢性合併症」
 があります。


 ・糖尿病神経障害(手足のしびれなど)
 ・糖尿病腎症
 ・糖尿病性網膜症
 ・下肢閉塞性動脈硬化症
 ・脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞
 ・皮膚病、感染症


 特に糖尿病特有の合併症は、

 「糖尿病神経障害」
 「糖尿病網膜症」
 「糖尿病腎症」

 で、これらを「3大合併症」と呼びます。


 その他、高血圧・高脂血症・腎臓病の人が糖尿病になると、
 それらの症状を悪化させてしまうこともあります。


 さらに糖尿病を治療せずに放っておくと、
 心臓の病気や脳血管系の病気などの合併症により、
 最悪の場合死に至ることもありますので注意が必要です。


 1度糖尿病にかかると完治するのは難しいと言われています。


 この糖尿病自体はそれほど危険なものではないのですが、
 なんといっても

 あらゆる「合併症」を引き起こすのが怖いのです。

 その合併症には命に関わるものも少なくありません。


 「糖尿病は遺伝の要因も多い」
 、といわれているようですが、
 生活習慣が乱れていれば誰が掛かってもおかしくない病気です。


 ですので
 日頃から糖尿病にならないように気を付ける必要があります。


 それでは合併症について、
 もう少し詳しくご紹介しておきましょう。

■糖尿病神経障害

 中でも最も早く出てくる合併症です。
 手足のしびれ、ケガやヤケドの痛みを感じにくいことなど、
 末梢神経障害の手足の症状の出方は様々で、
 他にも
 筋肉の萎縮・筋力の低下・立ちくらみ・発汗異常・胃腸の不調
 ・インポテンツなど、
 いろいろな自律神経障害の症状も出てきます。

■糖尿病網膜症

 眼底の網膜の血管の血流が悪くなって
 虚血・血管の増殖・出血・網膜はく離などが起こり、
 視力が弱まることをいいます。

 網膜症は少しずつ進行し、
 進行しても視力の低下などの自覚症状がありませんので、
 糖尿病という自覚無く生活していたら、
 ある日突然、目が見えなくなった、
 あるいは目の前が真っ暗になったと
 病院に駆け込むことにもなりかねません。

 「硝子体出血」や「網膜剥離」と診断され、
 さらに、失明してしまう場合や白内障になる場合もありますので、
 気をつけなければなりません。

■糖尿病腎症

 尿を作る腎臓の「糸球体」という部分の毛細血管の血流が悪くなり
 尿が正常に作れなってしまう状態。

 残念ながら、
 こうなってしまうと人工透析により、
 機械で血液の不要成分のろ過を行わなければなりません。

 週に2~3回病院へ行かなければいけない為、
 精神的・経済的負担も大きいでしょう。

 人工透析に至る一番の原因である糖尿病腎症や
 失明の危険のある糖尿病網膜症にならない為にも、
 日頃のケアが如何に大切かがお分かりいただけると思います。


 では次回は糖尿病にはどんな特徴があるのか、
 確認してみたいと思います。 人気ブログランキングへ

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

各種健康情報
ページ内検索
芸能界・お薦め健康法

末期癌から帰還した食事療法 ガンに打ち克つ食事療法

芸能人も目は大事

アロマオイル専門店
アロママッサージ用アロマオイル

半身浴・足マッサージに
カテゴリ
ランキング
ランキング
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

curo

Author:curo
初めまして
私は神奈川在住、
ドラマ、映画の演出部をやっています。
プロフィール詳細

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。